U me

3年間建築や空間を作ることを学び、その在り方に凄まじく違和感をもった。

これはその違和感に対しての私の回答。私にとっての理想の「建築」を物にした。

 

この制作を機に身体と空間の間に新しい感覚を生んでいこうと決めた。

This work was Graduation work at architect school.

I had feel strange to architecture. So I made ideal architecture. That is exist for person, and by person.